ペットのノミ・ダニの予防を始めましょう

2017-03-08
3月になり暖かい日が多くなってきました。
そろそろ、ペットたちのノミ・ダニの予防を始めましょう。
ノミが犬に寄生すると、痒みのため体を引っかいたり、噛んだりし、皮膚炎をおこします。また、ノミによってはアレルギーを起こすこともあり、犬の体の一部が脱毛したり、発疹が出ることもあります。nomi-dani-1
ダニもノミ同様に激しい痒みを引き起こします。
また、マダニは犬に寄生すると犬の体からたくさんの血を吸い、貧血を引き起こすこともあります。さらに、マダニが媒介して“人”へ感染する、恐ろしい病気もいくつかあります。
犬に付いたマダニを無理に取ると、噛みついた顎が体内に残りそこから病気が発症してしまう恐れがあります。
マダニを見つけた場合には無理に取ろうとせず、病院で処置いたしますので速やかにお連れ下さい。
ノミ・ダニの駆除の薬には、皮膚に滴下するタイプやおやつタイプのものがあります。
薬はタイプによってメリット・デメリットがありますので、獣医師と相談しながらそれぞれのライフスタイルに合ったものを選んで行きましょう。
詳しくはスタッフまで、お気軽にお尋ねください。
Copyright(c) 2016 香取動物病院 All Rights Reserved.
ページトップへ