狂犬病の予防注射をしましょう

2017-05-29
狂犬病の予防注射をしましょう

狂犬病の予防接種は、毎年1回、4月~6月までに接種することが義務づけられています。
生後91日以上の子犬であれば、狂犬病予防法により、狂犬病の予防接種を受けて注射済票の交付を受けなければなりません。
ワンちゃんを飼われている方で、まだ予防接種をさえてない方は、早めに予防接種を行ってください。
香取動物病院でも接種を行っています。
詳しくはお問合せ下さい。

Copyright(c) 2016 香取動物病院 All Rights Reserved.
ページトップへ